神奈川新聞(2017/9/4発行)に、「防災アトラクション」が掲載されました。

2017年9月4日

神奈川新聞(2017/9/4発行)に、「防災アトラクション」が掲載

《防災、体感型アトラクションで学ぶ 川崎で総合訓練》

  地震のときに役立つ知識や行動を身に付けてもらおうと、川崎市川崎区の総合防災訓練が3日、市立川崎小学校で行われた。被害現場からの脱出を目指す体感型防災アトラクションも初めて実施され、楽しみながら「自助・共助」の大切さを学んだ。
  アトラクションは大阪の企業が考案したもので、神奈川県内での実施は初という。30分間の制限時間内に与えられたミッションをクリアしながら脱出を目指す内容で、地元住民ら約300人が参加した。
 照明を落とし、薄暗くした体育館に家屋倒壊の現場などを再現。参加者は家族や友人同士のチームに分かれ、各ミッションのヒントが書かれた紙を探しながら「災害に備えるアイテム」や「避難時に有効な行動」などを考えた。ガラスの破片が散らばった場面で、新聞紙を使ったスリッパ作りにも取り組んた。
  考案した企業は「災害時の焦った状況で、自分がどうなるかを知ることができる。仲間と顔を合わせて議論し、想像力を働かせる感覚も身に付けてほしい」と狙いを話していた。
  家族4人で参加した小学校5年生(10)は「制限時間が迫り、焦ったけれどクリアできた。災害時に使えそうな情報を知ることができてよかった」と振り返った。
  総合防災訓練では、消火ホースキットの使い方や応急救護の方法を学び、起震車で地震の揺れを体験するコーナーも設けられた。

記事を見る

関連記事

トピックス