防災・防犯対策のご提案

企業防災備蓄の基本的な考え方

企業の防災対策として、「消防法」「任意準備」「自治体準備」の3つに分けて想定することが必要です。

(1) 災害発生時から自治体等の救援が来るまでの間の避難・復興フローの確認
(2) 各フェーズ毎に備蓄する対象者がだれであるべきかを再確認する
(3) 各フェーズ毎に備蓄する必要がある備品の詳細を確認する
(4) 具体的な活用方法等を明確にしておく

企業防災備蓄の基本的な考え方

1/8ページ

次へ進む

防災対策のことなら、お気軽にご相談下さい!

防災診断、コンサルティングのご相談は下記フォームにご記入ください。ご希望により防災セミナーの開催や実状に沿った防災訓練の企画、運営も行っております。 担当者よりご希望連絡方法にて、ご質問にお答えさせていただきます。

ご相談・お問合せ