災害別事例紹介:水害が発生したとき

水害時に必要なアドバイス

1.過去の浸水箇所や水害防御を把握
水害は同じ箇所で繰り返し発生する可能性があるので、過去に浸水にあった地域を調べておきましょう。そして水害から安全を確保するための風水害用避難所、水防情報や避難命令等を広報する非常警報施設等もあらかじめ地図上で把握しておく必要があります。

2. 生活用品や食糧などの確保
大きな水害が起きると外に出かけることは危険が伴い、救助がくるまで待機しなければなりません。体が冷えないようにする毛布や水・食糧があるといいでしょう。

3.土のう・水防板を設置する
浸水が懸念される場合には、自社ビルや1Fに店舗がある建物の入り口に土のうを積み上げて水が入ってこないようにします。必ずしも浸水を防ぐことはできないかもしれませんが、時間をかせぐことは可能であり、商品や備品を安全な場所に移動させることができます。

イラスト

4.情報を常に収集する
浸水のほかに大きな被害と伴う津波があります。大概、沖合いが震源地である場合、大きな津波が数分後には迫ってきます。
またテレビやラジオ等の情報を正確に把握し、冷静に行動してください。

お客様の「こうしたい!」を実現&サポート!

弊社は上記に記載した設備を始め、警報設備・避難設備も取り扱っております。
何かのお役に立てると思いますのでご連絡をお待ちしております。

ご相談・お問合せ